MENU

フィンジアの危険な副作用って?本当はどうなのか?

フィンジアの副作用について

フィンジアの危険な副作用って??危険な副作用・・・があるのは「ミノキシジル」「プロペシア」や「フィナステリド」であって実はフィンジアには副作用がないんです!

 

フィンジアはキャピキシルとピディオキシジルが有効成分ですが、これは今までの副作用が心配だった「ミノキシジルを何とかできないか??」というところから研究がはじめられた成分で、ミノキシジルよりも安全性が高いのは間違いありません。

 

お隣の韓国などではまつげ美容液などとしてキャピキシル&ピディオキシジルを併用した商品も発売されているみたいですから、安心して使用できます。頭皮にとって優しい成分しか使っていないので安全性は言うまでもないんですね。副作用について、安全性はどう?危険性は無いのか?全成分を見ながらチェックしてみました!

 

 

フィンジアの全成分から副作用をチェック!

 

フィンジア育毛剤の全成分表
エタノール BG(1,3‐ブチレングリコール) ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド
アセチルテトラペプチド-3 アカツメクサ花エキス パンテノール センブリエキス
ビワ葉エキス 褐藻エキス グリチルリチン酸2K トウガラシ果実エキス
ボタンエキス フユボダイジュ花エキス ヒキオコシ葉/茎エキス ヒオウギエキス
キハダ樹脂エキス メントール グリセリン クエン酸Na
クエン酸 デキストラン PEG-40水添ヒマシ油 ラウラミンオキシド
フェノキシエタノール      

 

フィンジアの成分詳細はこちら

 

 

この中でフィンジアの有効成分って?

 

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド

 

この成分はミノキシジル誘導体の「ピディオキシジル」の事ですね。ミノキシジルと同じような効果を発揮してくれるのに副作用を取り除いた仕様になっていて、副作用がないことから医薬品ではなく化粧品としての位置づけとなっています。

 

 

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド&アカツメクサ花エキス

 

この2つの成分はキャピキシルの事を指しています。キャピキシルはカナダのルーカスマイヤーコスメティック社で開発されたもので、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドとアカツメクサ花エキスをミックスさせてできた成分です。

 

男性型脱毛症を防ぎ、毛包の成長に直接働いて成長を高めます。

 

 

トウガラシ果実エキス

 

これはフィンジアのポイントにもなっているカプサイシンの部分ですね。毛穴を広げ毛根を刺激し、周囲の毛細血管の血流を良くして栄養を運びやすくしてくれます。

 

 

 

フィンジアの成分を見て副作用はあるのか??

 

フィンジアの全成分を見てもらうとわかりますが、上記で上げた成分以外は自然から抽出されたものが多く、医薬品のような副作用をもたらすものは含まれていません。

 

一方ミノキシジル、プロペシアやフェナステリドといった発毛医薬品には副作用があります。薬である以上は副作用はどうしてもあるんですね。

 

良くある医薬品の副作用を見てみると

 

ミノキシジルの副作用

 

ミノキシジルの副作用としては、低血圧・多毛症・ニキビや肌荒れ・性機能の低下・動機・頭痛・めまい等、人それぞれ違った症状が現れます。

 

プロペシアの副作用

 

プロペシアの副作用としては、肝機能障害・精力低下・勃起機能低下・うつ・ガン・女性化・肥満・等々。男性機能の低下は臨床実験でも確認されているので、正直使いたくはありません。

 

フェナステリド

 

フェナステリドの副作用としては、性欲の低下・勃起機能低下・うつ・肝機能障害・精子の減少等々。主に男性器に関する副作用が多く正直飲まないほうが良いでしょう。

 

 

このように医薬品として処方されるものには副作用がどうしてもつきものなんですね。確かに発毛効果などは実証されているかもしれませんが、それ以外の部分、特に性機能の低下や肝機能の低下などは「まだ薄毛であることの方がマシだった」と、あとあと後悔することになるかもしれません。

 

その前できる事、まず生活習慣の見直しやストレスをためないこと、育毛剤を使うなどの対策はしておいた方が良いです。

 

 

フィンジアは副作用がないのに効果がすごいポイントとは?

フィンジアは副作用がありませんが、ミノキシジルの3倍効果があるといわれています。これってなんか変ですよね??

 

これはフィンジアの有効成分であるキャピキシルとピディオキシジルにあるのですが、正直ピディオキシジルだけではミノキシジルの方が効果はあります。ミノキシジルの副作用を取り除いたことで、ミノキシジルよりも血管拡張作用はピディオキシジルの方が劣るといわれています。しかし、キャピキシルを合わせることでミノキシジルと同様の効果を発揮することが出来るようになったんです。ここがフィンジアの最大のポイントですね。

 

通常日本では薬事法の関係で効果のある医薬品の成分を2つ混合させることはできないのですが、化粧品のために可能だったのです。

 

キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果

 

また、キャピキシルには脱毛を食い止めると同時に、毛根をもとに復活させる作用があるためにミノキシジルよりも3倍優れているといわれているんですね。

 

 

フィンジアの副作用についてのまとめ

フィンジアの全成分と副作用について見てきましたが、まずフィンジアに副作用はありません。もしかしたらカプサイシンアレルギーとかそういう方がいれば別ですが、基本的には医薬品ではありませんし、天然成分でできているために副作用はありません。

 

また、成分からも育毛に期待できる効果もかなり高いことが分かりました。キャピキシルとピディオキシジルを融合させることで副作用はないのにミノキシジル以上の効果を発揮してくれる(3倍といわれています)のであれば高くてもい方がないと思います。AGA治療として薬を飲む前にまずは試しに使ってみるのはありなのではないでしょうか。

 

 

ミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)の副作用詳細

副作用について深く見るために「ミノキシジル」と「フィナステリド(プロペシア)」の副作用を深堀りしてみてみましょう。

 

ミノキシジルの副作用とは??

 

ミノキシジル副作用

 

男性型脱毛症の原因である5αリアクターゼを抑えて育毛に効果があるということが実証されている成分ですが、その副作用だけがネックでした。

 

私の場合も副作用として頭皮のかゆみがひどかったので1年間頑張ったんですが・・・その副作用のせいか効果を実感できませんでした・・・。

 

ミノキシジルの副作用 : 低血圧 多毛症 肌荒れ 性的障害 ほてり 眠気 頭皮のかゆみ 脂漏性皮膚炎・・・などなど

 

フィンジアとミノキシジルの併用についてはこちら

 

 

フィナステリド(プロペシア)の副作用とは??

 

フィナステリド副作用

 

フィナステリド(=プロペシア)も5αリアクターゼを抑えて育毛に効果がある成分です。

 

フィナステリドの副作用 : 精力低下 ED 精子の数が減る 赤ちゃんの先天性異常 うつ病 肝機能障害 だるさ じんましん・・・などなど

 

プロペシアの効果はこちら

 

 

副作用があってもそれほど効果を実感できないフィナステリド(実際に効果を実感しているのは2%ほどという)と、副作用はあるけどまあそこそこ実感できるミノキシジル、副作用なしで効果もそこそこ実感できるキャピキシル・・・どれを選びますか?

 

そりゃキャピキシルですよね??

 

しかもフィンジアはキャピキシル5%配合!というこれ以上配合されている育毛剤はありませんので、まあ育毛剤なら現状はフィンジアで間違いないでしょう!